英語学習全般


スピードラーニングってどうなの? 


その3・「スピードラーニング」は買いか?

P1050062.JPG結局、この話題の教材を買うべきか、買わざるべきか、その辺りを、サポート体制・値段まで含めて考えてみました。




「よくある質問」を検証

スピードラーニングのWebサイトを見ると、「よくある質問」というコーナーがあるので、ちょっとのぞいてみました。

暗記したほうがいい?

『Q12.教材の会話文章を暗記するほうが上達しますか』に対し、「覚えようとしなくていいのが『スピードラーニング』の特徴の一つ」「繰り返し聞いていると、いろいろな表現が頭に残ってきます」というところは、僕も同じようなメソッドとして提唱しています。無理矢理暗記しようとするより、リスニングや音読を繰り返すことにより、結果として暗記してしまった、というのが理想だと思います。より楽なのは、リスニングの繰り返しです。

本当に聞き流すだけでいいの?

一方『本当に聞き流すだけでいいのですか?』のような質問には、「とにかく聞き流すだけでいい」「文法を学ぶ必要なし」「スクリプトを見ない方がいい」「聞きながら同時にマネしたりする必要はない。耳に残った言葉は自然に口から出てくる」といったぐあいに、あくまで「聞き流すだけで英語が話せるようになる」というのをセリングポイント(売り)にするところは一貫しています。これは、そのほうが効果的だから、というよりも、やはり広告てくれた人に、まずは気楽に始めてもらうための方便だと僕は思います。

実は、僕もこれと同じ原理を利用した勉強をしたことがあります。もう何年も前ですが、「聞き流し」学習をしていました。ただ、やはり要所要所では、聞き取れない箇所をスクリプトを見て確認したり、単語を辞書で引いたりしていました。そして、今思い返すと、やはり、シャドーイング(音声を聞きながら同時に口まねする)とか、スクリプトの音読練習をすべきだったと思います。当時は、そういったノウハウを僕自身知らなかったのです。

レベル別指導が必要ないのか?

基本的に同じダイアローグをまるごと覚えてしまうぐらい何十回も繰り返し聞くということ自体は、非常に効果的だと思います。ただ、ある程度聞いたあと、音読などを併用すれば、もっと効率よく身につけることができたと思います。当時、僕は仕事で英語を話す環境にあったので、まだよかったですが、英会話自体あまり慣れがない段階、まだ自由に自分の思いを英語にできない段階、ある程度話せても、普段めったい英語を話す機会が無い人にとっては、単に聞き流すだけでは、スピーキング習得の観点では、不十分な学習になるといわざるをえないでしょう。だから、前にも述べたとおり、ある程度英会話ができて、しかもちょくちょくアメリカに滞在する機会のある石川遼選手の例が、そのまま日本国内だけで学習する人、誰にでも当てはまる訳ではないと思うのです。やはりその人のレベル、環境によって、最適な学習メソッド・内容は変わるのが当然だと思います。

スピードラーニングには対象レベル等の情報は特に示されていません。まあこの内容だと、教材自体は初心者から上級まで英語が完璧に話せない人全て対象といえるでしょう。ただ、英語力のレベル・段階によって、使い方を変えた方が良いのではとは感じます。

レベルを問わず共通の教材を使い通信教育の例では、ICCの『English Trainer』があります、TOEIC300点未満から900点台まで同じテキスト冊子を使いますが、一応レベル別によってトレーニングメニューを多少変えています。

キーポイントは、教材のダイアローグの内容を十分理解し、会話力不足の人は、実際に口から英語を発する練習も取り入れることです。

スピードラーニング自体、魅力的な素材なので、前ページで紹介したような学習法を取り入れるなどの工夫をすると間違いなく効果がでてきます。


聞き流しで発音もきれいに?

「Q16.:きれいな発音で話せるようになりますか?」に対する、「スピードラーニングで英語が話せるようになった人は『発音がきれいですね」と言われることが多いのです。必ずきれいな発音で話せるようになります」という回答に関しては、「きれいな」の定義によります。ネイティブスピーカーのような「きれいな」という意味なら、さすがに無理がありますので、ここは「外国人にも聴き取りやすい正確な発音」と言い換えて解釈します。(本当に聞き流すだけでネイティブ並にきれいな発音で英語が話せるようになる人がいるとするなら、それは天性で「良い耳」を持っている人であって、全ての人にそれを約束するのは、ちょっと無理がある、という解釈です)

正確な発音は、正しい発音をたくさん聴いてマネをすることで、必ず上達していきます。聴くだけでなく、スピーキングの練習も合わせて行うのがやはり大切です。

スピーキング練習といえば、スピードラーニングでは、電話によるネイティブのと会話練習を提供しています。無料で5分の電話レッスンがひと月2回付いてきます。講座の費用を考えると、本来音声教材だけなのに、プラスでこうした機会を設けてくれているというのは、非常にお得と言えるでしょう。有料で回数を増やすことも可能です。


購入の価値がある?・お買い得?

さて、肝心の価格ですが、以下のようになっています。

初回セット:CD2巻(英日版+英語のみ版)に、大変代DVD等の案内がついて、9,870円。
(以降)毎月CD1巻が届いて税・送料込みで4,515円。

まとめて16巻セットのように一括購入すると、一枚あたりが3,360円(税抜き)まで安くなる。ただ総額が5万円を超えるので、けっこう大きな買い物かも。

僕は、やはり一定の学習ペースを守るために、毎月1巻ずつをおすすめです。1巻の中に25場面の会話が入っているから、それでもかなりの量があります。

結局、この価格は高いのか、それともそれだけの価値があるのでしょうか?

さきほど引き合いに出したICCのEnglish Trainer だと、1年コースが24,800円(税・送料込み)で、CDセット教材冊子が4冊(DVDの説明と活用ガイド・学習ダイヤリー付)なので、分量からすると、スピードラーニングのほうがお得感があります。

スピードラーニングでは、電話・メールによる学習相談ができたり、受講カルテがあったり、会報誌があったりというようなサポート体制をとっています。

通常、通信教育の形式をとると、管理費・サポートコストなど、どうしても価格が高くなりがちです。他の通信教育を見ても、やはりそこそこの値段はします。充実した教材とサポート管理が必要ですから当然でしょう。スピードラーニングだけが飛び抜けて高いわけではないのです。こうしたしっかりしたフォローアップシステムがあるというのは、通信教育として心強いと思います。せっかく講座を始めたら、ぜひこうしたサポートも遠慮無く受けていただきたいです。

最初は、ケチをつけるために書き出したこの記事でしたが、今は正直「スピードラーニング、なかなかいいなあ」と思っています。まあ、そうでなければ20年以上も続くわけはないですよね。

スピードラーニングの魅力は、「英語→日本語」の順で交互に収録されたダイアログCD。これはやはり非常に魅力的です。確かに音声を聴くだけで勉強として成り立ちますから。ただ超初心者は、宣伝文句通り、ただCDをかけっぱなしにするだけで自然に身に付けようとするのではなく、分からないところはしっかり調べたりしながら、十分英文の内容を把握して「聞き流し」学習に励むと良いでしょう。


「スピードラーニング」へのリンク
『スピードラーニング英語』

Other Topics

電子ブックリーダーと健康

P1020057_2_2.JPGiPad の画面で本を読むのは、目の健康に悪いの?

LinkIcon詳しくはこちら

マウスオーバー辞書

A2.png知らない単語があっても簡単に英文が読めるツール

LinkIcon詳しくはこちら

食べて英語レベル向上

英語ができるようになる食べ物って?

LinkIcon詳しくはこちら

ページの先頭へ


ページの先頭へ

Latest

英文多読について

Market Leaderの新聞記事を楽に読む方法

TOEIC問題集は1回解くだけではダメ!

The Economist誌を格安・手軽に購読

このサイトをスマートフォンで見やすくする方法

iPhoneで発音チェック

iPhone/iPadで英文中の熟語連語を調べる

アルジャジーラで24時間無料英語ニュース

英語を学ぶなら優先順位が大切

スマホ英語学習時代と目の健康

US iTunes Storeアカウント開設方法

国際社会を動かすのは、やはり「英語のメッセージ」

英語で「気持ちが読めない奴」にならないために

格安航空を使った英語訓練プラン

英文ライティング強化に役立つ情報

ディスカッション英語の質を上げるための3つの留意点

音読はゴルフの素振りと同じで効果抜群

英語習得の年齢限界ってありますか?

仕事で海外へ行けば英語はなんとかなりますか?

日本の英字新聞・ニュースサイトを教えて

書いた英文に自信がないのですが、チェックする方法は?

「音楽で英語を学ぶ」コーナーページ追加しました

上達するレッスンの受け方(間違いを指摘されたら・・・)

継続は21日を目標に?

マーフィーのケンブリッジ英文法音読で確実に話せるようになる!

「Siriで英会話」のページを追加

カタカナ/和製英語のページをアップデートしました

「娯楽」と「勉強」の境界線と洋画・海外ドラマ鑑賞

アカデミー賞ノミネート作品で英語を学ぶ

「iPhone/iPadホームボタン故障時の対処法」を追加

BBCの日本人と血液型についてのドキュメンタリーを紹介

便利な「新聞・ニュースリンク集」を追加しました。

「インド人英語対策」を追加しました

お問い合わせ.png